スポンサーサイト

  • 2012.10.30 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    今は・・・もう秋・・・

    • 2012.10.30 Tuesday
    • 13:30
     『虎はどこだ〜はぁ〜おせぇおせぇ〜 

     
    市役所の第3庁舎にいると、幼稚園の子供達の虎舞の囃子と掛け声が聞こえてきます

     先日の、釜石まつり前も、毎日元気な子供達の声が聞こえていました
     
     やっぱり釜石人なんでしょうね
     虎舞の囃子が聞こえると、テンションが上がります(祭り好きの血もありますが・・・)

     最近の、育成センター内は
     I岡さんの、柔道の演舞大会で準優勝

     育成センターの改修工事が始まる

     など、明るい話題が続いています
     順調にいけば、来年の3月か4月には、平田の育成センターへ戻れるようです

     おととい、本庁舎へ向かってあるいていると
     


     綺麗だと思いませんか

     ここも、津波の影響で、しっかり海水につかった場所です。
     でも、こんなに綺麗な黄色や、菊の一種かな?青紫の綺麗な花を咲かせくれています
     
     そして、ひときわ印象強く、隣に真っ赤な葉も
     どこから落ちてきたんだろう ・・・と、周りを見渡すと
     

     ありました
     電信柱に、しっかり頑丈にまきついている葉を

     写真では、そんなに分からないかもしれませんが、とても色鮮やかに自分を強調しているようにも見えました
     そんな感じで、育成センターも秋です
     
     寒くなってきたので、皆さんも風邪をひかないように気を付けて下さいね

    大潮

    • 2012.10.18 Thursday
    • 16:29
     久々の更新です。
    Facebookでは、毎日更新しておりますが、器用ではない私・・・
    本日は、今現在の釜石をお伝えします。



    先ほど、釜石の防災無線で大潮の放送が流れてから見に行った時の写真です。
    この時点で、手前にある白い車のタイヤは身動きが取れない状態になっています。


    新華園支店の跡地です。
    15cmくらいは浸水していました。
    もう、靴では歩けません。


    横断歩道も、長靴がないと歩けません。


    側溝や、ありとあらゆる穴から海水が溢れています。
    この側溝からは魚が出て泳いでいました。
    そして、この反対側の解体された空き地も、海水が湧きあがっている状態です。
    深い所では、30cmくらい浸水しています。


    イベントのお知らせ

    • 2012.08.07 Tuesday
    • 14:42
    こんにちは久しぶりの更新です
    ここ最近暑かったり涼しかったり不安定ですが皆さん体調を崩したりしていませんか
    冷たいものばかり食べると体が冷えてしまいますので
    温かいものも適度に食べて夏を乗り切りましょう

    さて今週末に行われるイベントのお知らせです



    8月10日(金)11日(土)に
    第2回かまいし復興祈願祭「大盆踊り大会」が開催されます
    場所は旧ニチイ跡地(盆踊りエリア)旧みずかみ釜石店跡地(縁日エリア)
    にそれぞれ分かれて開催されます

    時間は10日18:00〜21:00と11日17:30〜21:00となっています

    盆踊りエリアでは踊りに参加したお子様にお菓子の無料配布(いわて生協釜石支部さんからのご提供です)や11日には300名様に線香花火の無料配付が行われます
    縁日エリアではキッチンカー全店の営業や縁日も開催されます

    なお両日共に雨天の場合は12日に延期となります

    盆踊りと言ったら浴衣ですねー

    沢山の方のご参加をお待ちしております

    8月のイベントのお知らせ♪

    • 2012.07.25 Wednesday
    • 16:54
     皆さん、お久しぶりです
    Faccebookのみ更新して、ブログを更新していないKUBOです
    あっと言う間に、7月も終わろうとしています
    もう、一年の半分を過ごしてしまいましたね

    暑くなってきたので、イベント盛りだくさんでお知らせしたいと思います。



    まずは、8月2日
    釜石駅の近くにあるシープラザ遊にて、12:30〜14:00までの間、先着100名様に無料で【よつばや】のオリジナルクレープ作りの体験が出来ます

    14:30〜15:00までは、NHKでお馴染みの【やさいのようせいキッチンコンサート】が開催されます。今回は、歌のお姉さんと一緒に芽キャベツ君が素敵なショーをお届けします

    そして、なんと【味の素株式会社様】より、新しいキッチンカーを頂き、14:00〜14:30までキッチンカー贈呈セレモニーを行います
    初お披露目です

    当日は、NEWキッチンカーより無料ドリンクのサービスもありますので、皆さん是非いらして下さい

    電気自動車

    • 2012.06.08 Friday
    • 11:53
    今朝、外をふと見ると職員の方が何かを押してやってきました
    見てみると・・・


    可愛い乗り物が2つ


    一人乗りの電気自動車だそうです


    こちらは、電動アシスト自転車


    屋根が付いているので、雨の日でも安心して乗れそうですね

    KUBOは自転車に慣れていないので、練習が必要ですが・・・

    ☆お知らせ☆

    • 2012.05.10 Thursday
    • 15:01
    5月に入り、寒い日が続きますねー
    いつになったら、コタツとストーブを片付けられるのか

    体調を崩す方も多いので、気をつけましょうね。


    なんと、かまいしキッチンカーの公式サイトが出来ました
    色んな情報が盛りだくさんのこちらのサイト

    是非、みなさんご活用下さいマセ


    Vol.9 かまいしキッチンカースケジュール♪

    • 2012.05.07 Monday
    • 10:16
     みなさん、こんにちは
    いつも、かまいしキッチンカーをご利用・応援いただき本当にありがとうございます♪

    楽しい連休は過ごせましたか
    ビックリするくらいの最終日までも悪天候で、そして今日はとても良い青空で・・・
    お天気の神様も、ちょっとイジワルすぎましたよね

    さぁ、連休明けのキッチンカースケジュールをお知らせします


    昨日、グランバーでのイベントにいらした方ならお気づきの事でしょうが・・・
    『あれ 』
    って、思われた方もいたかと思います。
    現在、よつばやサンが車両を交換する為にお休みになっています
    【NEWよつばや】誕生まで、しばらくお待ちくださいマセ

    今月は、数量の少ないキッチンカーですが、元気と美味しさは大量にお届けしたいと思っていますので、宜しくお願いします

    Vol.8 かまいしキッチンカースケジュール♪

    • 2012.04.26 Thursday
    • 11:27

    毎度、かまいしキッチンカーをご利用下さいまして、ありがとうございます
    いやぁ~~~
    早いもので、4月も終わりますね。
    なんで、こんなに早いのでしょう

    師走ではないのに慌ただしいKUBOです

    待ちに待った連休の到来ですが、みなさんは、もう計画はたてましたか

    釜石に帰ってくる予定の方は、きっと満開の桜が歓迎してくれる事と思います

    そんな来週のスケジュールをご覧ください


    来週は、5~6日【水沢競馬場】のイベントに『はまゆい』と『新華園支店』が出店します

    そして6日は、甲子町にある【グランバー釜石工場】の東京ラスク工場祭にて、『よつばや』が出店します

    みなさんが、楽しい連休を過ごせますように
    今後とも、かまいしキッチンカーをヨロシクお願いします。


    VOl.7  かまいしキッチンカースケジュール♪

    • 2012.04.23 Monday
    • 08:50


    いつも、かまいしキッチンカーをご利用いただきましてありがとうございます

    Facebook上へキッチンカースケジュールを張り付ける事を今日気付いたKUBOです
    (遅すぎ・・・)
    そして、局長の力はスゴイですね(笑)
    ようやく、局長にFacebookをやっていると存在を気づいてもらいました
    今まで、続けてきても5名が限度だったのが、局長のシェアによって一瞬で20名の『いいね』をいただくことができました
    ありがとうございます

    4月も後半戦ですね
    とても1カ月が早いと感じますが、みなさんはいかがでしょうか?

    さて今週のキッチンカースケジュールをお知らせ致します

    なんと
    【はまゆい】さんから、新メニューが出ました


    ボリュームたっぷりの【Wメンチ丼】です
    これから暖かくなって、沢山動きますよねー
    お腹空きますよねー
    ガッツリ食べたいですよねー
    ご飯の量も選べるので、是非ご賞味くださいませ
    さあ釜石も、お花見シーズン到来ですよー

    天気の良い日は、お外でランチをどうぞ

    Facebookにて

    • 2012.04.20 Friday
    • 10:43
     釜石にも、少しずつ春の足音が大きくなってきました。
     モクレンや、レンギョウの花、、桜のつぼみも濃いピンクになり、来週あたりは開花宣言も出るかと思います

    少し、息抜きにfacebookを見てみたら、梶原昌五さんという方で心に響く記事を見つけたので転載させて頂きます。
    文章は長いですが、どうか最後まで読んで頂けたらと思います。


    津波被災廃棄物の広域処理に反対の方々にぜひ読んでいただきたくて、この文章を書きました。

     

    お願いは2つです。

     

    1)広域処理に反対するならば、被災地での処理にも反対してください。

     

    皆さんが健康に不安を覚えるように、私たちも不安を覚えています。

    故郷である街で過ごすことに。

    そして、処理施設については、皆さんのほうがはるかに恵まれているからです。その恵まれている人たちの不安が、今、すべてを失ってしまった私たちより大きいはずがありません。

    皆さんが主張することが本当なら、はるかに経済力も余力もある皆さんに、私たちも助けて欲しいのてす。

    そして、日本を良くして欲しいのです。

     

     

    たとえば岩手県では、津波以前にも、沿岸の広い範囲(岩手県が四国4県とほぼ同じ広さだということをご存知ですか?)に、久慈、宮古、釜石、大船渡の4つしか焼却場がなかったのです。それで足りるような土地である、ということです。今は同じ地域に、旧施設を改修したりして仮の焼却場を3つ稼働させていますが、とても小さいので、それでも間に合いません。

     

    これに対して、神戸と比較して、廃棄物の量の問題を出して「おかしい」という人がいます。

    が、それは量ではなく、重さです。

    どう考えても、神戸から出た被災廃棄物のほうが圧倒的にコンクリートが多く、燃やせないものが多いでしょう。

    また、大規模な火事もあり、そして津波もなかった。

    中身を考えないと、重さだけでは比較できないことがあります。

     

    また、化学物質の拡散を指摘する人もいます。

    これは、被災直後、私のところに外国のジャーナリストから聞かれたということで、質問がありました。

    これだけの被害だから化学物質の影響が心配だが、どうなっているのか、と。

    その当時の私には、「今はそれどころではなく、生存者捜索や遺体回収に手一杯だ」と答えるしかありませんでした。

    遺体の捜索は1年以上経った今も続いています。探せていない場所があるからです。見つかっていない人が多いからです。復興など、どこにあるの?という状態が続いています。

     

    なので、化学物質に関しては、何を今ごろという感が拭えないのですが、岩手県のがれきにおける放射性物質の問題が鎮まって来たからこそ、皆さんも化学物質のことに気がつかれたのでしょう。遅いと思いますが、それは良いことだと思います。

    だからこそ、ご自分の不安が明確であるのなら、今そのがれきを目一杯処理している、低レベルの焼却場しかない被災地の人たちのことにも気づいて欲しいのです。

     

    津波被災で1割の方々が亡くなったり行方不明で(東京では100万人くらいにあたる?)、さらにがれきがあるために、子どもを持つ方々はどんどん地域を離れています。これが、復興が遅れるとする原因の一つです。40代の働き盛りがいなくなる、ということです。

    ただでさえ老人ががんばっていることをウリにしているような地域です。ますますの高齢化と、残った人たちの精神的疲労。復興には数字だけでは語れないものがあり、また、他地域、特に神戸のような都会と、三陸沿岸のような過疎も究極までいったような地域とを比較することには無理があります。

     

    たとえ復旧して元の経済状態に戻ったとしても、これらの街が、新しく建てる処理場を維持していくだけの経済力を持つかどうか。雇用が生まれるのは一時的なもの。国の対策費が出ている間だけです。必要がなくなれば施設は閉鎖され、従業員は解雇されるだけです。どうか、新しい雇用、などという、非持続的な雇用を美化するような言葉を使わないで欲しいのです。

    いかに日本の田舎が疲弊しているかをもっと切実に感じて欲しいのです。

    だから、被災地に来てくれ、と、被災地のみんなが言っているのです。

     

     

    2)被災地を自分の目で見て、自分の言葉で語って下さい。

     

    そこには、あなたと同じ人が、ある日突然生じた地震と津波によって、親や子どもや親戚、友達、そして職場、仕事、さらにローンの残った自分の家、車、家財道具など、すべてを失って、底冷えのする仮設住宅や、半壊した家で、近くに店もない状態で毎日を過ごしています。

    これらの人が何か悪いことをしたのでしょうか。

    皆さんが醜い言葉を公開していじめるだけのことをしたのでしょうか。

    インターネットで得た、誰が書いたかわからない言葉を、さらに意を曲げてまで反対する立場にあなたがたはあるのでしょうか。あったとしても、それを被災地の人たちにも読めるような形で公開する意図はどこにあるのでしょうか。

    できるのなら、騒いで煽るだけでなく、もっと権力を持っているところに直接意見を出して欲しいのです。

    出すのなら、私たちのことも考えて、日本全体の制度や法律を変える形で出して欲しいのです。

     

    がれきの処理ができる施設は、被災地以外の地域にはたくさんあるのです。余力もあるのです。

     

    たとえばあなたは、ご自分のお出しになったゴミや、ご自分がお使いになっているいろいろな物を製造するときに出た工場からのゴミが、どこでどのように処理されているか、ご存知ですか?

    ゴミ処理に関して、きちんとした情報(どういうゴミがどこで処理されているか、またその量や金額など)を自治体はもっと誰でもが見られるようにすべきだと私は思います。これは、私自身が三陸沿岸のある地域のゴミ処理に関して講演を依頼されたときに感じたことで、私は役場と県からわざわざ資料を出してもらいました。

    誰にでもできることですが、そういう努力をしたうえで、ご自分の自治体の状況を把握していますか?

    大切なのは自分の住んでいる土地でのゴミ処理がどうなっているかなのに、どこの地域の話しかわからないインターネット上の情報に振り回されていませんか?

     

    ちなみに、岩手県と青森県では、そういう豊かな生活をしている皆さん方の生活を支えるために排出された産業廃棄物が不法に投棄され、不法投棄場所である青森県と岩手県の県境にある山の頂上に処理場を作り、そこから厳重にコンテナに入れられた廃棄物を、できるだけ県内の施設で処理しています。広い岩手県では、片道4時間かからないと行けない県南沿岸のセメント工場まで運ばなければ処理できないものもあります。往復1回で、トラック1台の1日の仕事は終わります。私たちには関係のないところで儲けた方々のゴミを、この貧乏県2県が、国の補助は半額ありながらも、県民の税金で処理しているのです。これは10年以内にやれ、という時限立法に従っているので、止めるわけにはいきません。

     

    そのような中で、処理施設を持っている自治体に、その余力(あなたの地域の処理施設の稼働率をご存知ですか?低いと税金の無駄遣いと怒られている施設もあるはずです)で、処理していただこうとするのが広域処理です。行政区を越えるとそれはすぐに「広域」を意味しますので、遠い近いは関係ありません。

     

    また、岩手県では、そうやって出た灰を、内陸のある地域の山の中に埋めています。

    こういうやり方は、皆さんの土地でも同じです。いや、それこそ「広域」処理をして、千葉県は秋田県に焼却灰の処分を依頼していましたが、放射線量が高かったために、掘り出して戻したりしていますよね。すでに皆さんの地域でも、灰は別の地域(たぶん東北やその他の田舎)に「広域」処理していませんか?

    ぜひ調べてみてください。そしてそれを公開してください。みんなで共有しましょう。

     

    話を戻しますが、その灰から危険な物質が漏れ出さないための設備も施したうえで、どこの自治体でも、広い範囲の山を削り(たいていは谷間や窪地だったりしますが)、灰を埋める場所を作っています。これも、今岩手県では、計算上では次のものを早急に作らないといけない状態にあります。(旧知の担当者に聞きました)

    そういう施設を作りたくないのではなく、追いつかないのです。なので、今、適正に処理できる施設をお持ちの地域、行政にお願いしているわけです。

     

    もう一度お願いします。

     

    あなたの地域での処理に反対するなら、私たちの地域での処理にも反対してください。

    なぜなら、私たちも同じ人間だからです。

    また、処理場を作るには時間がかかるうえ、継続的な雇用につながらないからです。

     

    そして、被災地を見に来てください。

    同じ経験はできなくとも、何か人として感じて欲しいのです。

    そのうえで、自分の言葉で語って下さい。

    それができないのであれば、本気で反対しているとは思えません。

     

    どうぞよろしくお願いします

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    (財)釜石・大槌地域産業育成センター

    〒026-0001 釜石市平田3-75-1/TEL 0193-26-7555/FAX 0193-26-7557

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM